DEV

Shopify Plus(ショピファイプラス)とは?決済画面の活用事例

Shopify Plus(ショピファイプラス)とは?決済画面の活用事例

Shopify Plus(ショピファイプラス)とは、通常のShopifyの料金プランとは別途に設けられている、最上位プランです。

通常のShopifyの機能に加え、従来まではアプリの追加や開発でおぎなっていた部分が標準機能として搭載されているなど、業務効率をさらに高めるさまざな機能が用意されています。

今回はShopify Plusの概要と、refactoryが取り組んだShopify Plusでの決済画面の構築に関する事例をご紹介します。

Shopify Plus(ショピファイプラス)とは?

Shopify plus ロゴ

Shopify Plus(ショピファイプラス)とは、Shopifyの3つの料金プランとは別に設けられている、最上位プランです。

通常のShopifyの機能はもちろん、豊富な機能がデフォルトとして搭載されており、これまでアプリの追加やカスタマイズ、開発といった取り組みでしかカバーできなった業務をスムーズに進めることができます。

Shopifyの利便性をそのままに、「かゆい所に手が届く」のがShopify Plusの強みといえるでしょう。

>>Shopify Plusへのリンクはこちら

Shopify Plusではさまざまな機能が追加されている

実際にShopify Plusでは、次のような機能が追加で利用することができます。

  • 同一アカウントでのサイト構築が10サイトまで可能
  • 利用できるテーマの増加やカスタマイズ性の向上
  • 卸売用のECサイトを作成
  • イベントやキャンペーンのスケジュールを自動設定
  • 既存の顧客データの活用
  • 決済機能の拡充

例えば、Shopify Plusでは同一アカウント内で、最大10個まで同じ仕様のサイトを構築できます。フランチャイズやオムニチャネルといった多店舗運営を行う事業者にとっては、スムーズに複数のサイトを構築・運用することができ作業効率を大幅にアップすることができます。

また、キャンペーンやイベントのスケジュールを自動で設定できるため、従来のように「定刻にスタッフが手動でスタートする」といったアナログな作業をスキップすることができます。

これ以外にも、テーマやカスタマイズ性の向上や管理画面へのログインスタッフ数が無制限になるなど、従来のShopifyの利便性がさらに向上しているのが特徴です。

決済機能にみるShopify Plusのメリット

さてrefactoryでは先頃、Shopify Plusを活用してECサイトの構築に取り組みました。今回は、その中でも主な役割を担った、決済機能についてご紹介したいと思います。

今回の案件では、クライアントからより柔軟性のある決済機能の導入や、ユーザーフレンドリーなデザインの採用を目指したいとの依頼がありました。

Shopifyでの決済機能の課題

従来までのShopifyでECサイトを構築する場合、決済機能の部分でやや手間がかかる部分が散見されました。

例えば、任意のクレジットカード機能が導入できないといったケースや、定期購入機能ではShopifyが提供するShopify paymentを利用する必要があるといったケースです。

これは、既存のサイトでの決済機能を引き継ぎたい場合や、ユーザーにより多くの決済機能を用意したいといった場面で柔軟性に乏しくなってしまいます。

また、デザインの部分でも決済画面に注意書きを追加できない面や、日本人に馴染みのあるワンカラムのデザインを採用できないといった点が課題でした。

Shopify Plusではより柔軟性の高い決済機能を用意できる

Shopify Plusでは、任意のクレジットカードを自由に追加できる上、定期購入やキャリア決済など、幅広い決済手段を導入することが可能です。

これは利便性が向上するという面はもちろん、ユーザーに対して安心感を与えるといった効果があります。決済を利用する場合、自分が使い慣れたサービスを利用したいのがユーザーの本音です。

今回の案件では、商材の特性からも決済手段の自由度を高めることが、ユーザーにとって重要であることから、Shopify Plusの強みが活かされました。

また、デザイン面でも柔軟性が高く、日本人に馴染みのあるワンカラムのデザインや、注意書きの追加など、スムーズな決済に繋がる環境を整えることができました。

まとめ

Shopify Plus(ショピファイプラス)とは、通常のShopifyの料金プランとは別途に設けられている最上位プランです。通常のプランに比べ多彩な機能の追加や、カスタマイズの自由度が向上しており、より柔軟かつ効率的なサイト運営を実現することができます。

まさに「かゆい所に手が届く」という表現がぴったりと呼べるでしょう。

Shopify Plusを活用することで、事業者が取り組むことができる幅は大きく広がるといえます。とはいえ、今回refactoryが取り組んだ決済機能の部分などでは、店舗ごとのアプリの構築など、Shopifyの仕様をよく理解した専門的なスキルやノウハウは不可欠です。

refactoryでは、Shopify Expertsとしてお客様のニーズに寄り添った開発やご提案を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

RECRUIT

リファクトリーのビジョンやミッションを、共に実現していく仲間を募集しています。

PARTNER

商品開発や製造を行っていただける工場やメーカー様を募集しています。