BLOG ブログ

Mr.POINTにCSVのインポート・エクスポート機能を追加しました

Mr.PointにCSVのインポート・エクスポート機能を追加しました

今回はMr.POINTに追加されたCSVのインポート・エクスポート機能についてご紹介します。

Mr.POINTはShopifyにショップ独自の報酬ポイントプログラムを導入できる公開アプリです。refactoryが開発したオリジナルのアプリですが、先ごろ、お客様からのご要望が多かったCSVのインポート・エクスポート機能を新たに追加しました。

これにより、Shopify以外のカートシステムから移行する場合でも、既存のポイント情報を手軽に引き継ぐことが可能となりました。

Mr.POINTに追加されたCSVのインポート・エクスポート機能

MR.POINTのインタポートとエクスポート機能

今回Mr.POINTに追加されたCSVのインポート・エクスポート機能では、ショップのお客様のポイント情報をCSVを使って一括で入出力できるようになりました。

インポート機能は無料で利用可能。CSVファイルで簡単にインポートでき、大量のポイント情報を移行する手間が大幅に軽減されました。

またエクスポート機能は有料でのご提供となりますが、Mr.POINTのデータ情報をCSVで簡単に取得できます。

なぜインポート・エクスポート機能を追加したのか

今回インポート・エクスポート機能を追加した理由として、お客様からの要望が多かった点が挙げられます。

他のカートシステムからShopifyに移行する場合、「既存のカートで利用していたポイント情報をそのまま引き継ぎたい」という声を多くいただきました。これまでは、ご依頼をいただいたお客様に代わってrefactoryでデータ移行作業をおこなっていましたが、今回の機能追加によりお客様ご自身で手軽にデータ移行を実現できます。

インポート・エクスポート機能のメリット

追加された機能のメリットについても整理しておきましょう。メリットは大きく2つあります。

1.ポイントデータの移行が手軽にできる
2.データ移行時のミスを軽減できる

1つ目はポイントデータの移行を手軽に実行できること。すでにご紹介したように、今回の機能追加により、他のカートシステムからShopifyに移行する場合でも、ポイント情報を手軽に移行することが可能となりました。既存のカートシステムの付与ポイントを引き継ぐことができるため、ユーザーにこれまでと変わらないサービスを提供できます。

2つ目は、データ移行時のミスを軽減できること。カートシステムを移行する際に多いのが、データ移行のミスです。今回の機能追加では、インポートされたデータの取り込み結果が画面上で表示されるようになっています。例えば、Shopifyにメールアドレスがないポイント情報が含まれている場合は、該当するデータは取り込まれない仕組みになっています。この仕組みにより、データ移行時のミスを把握しやすくなったのもメリットの一つです。

まとめ

今回はrefactoryが提供するShopify向けの公開アプリ「Mr.POINT」に、CSVのインポート・エクスポート機能が追加された情報をご紹介しました。

今回の機能追加はお客様から要望の多かった「既存のカートで利用していたポイント情報をそのまま引き継ぎたい」という声を反映したものです。

refactoryではShopifyエキスパートとしてアプリ導入時のアドバイスや、サイトに適した形へのカスタマイズを提供しています。また、自社アプリの開発にも取り組み、Shopifyへの高いノウハウを元に、お客様への最適なご提案を行っています。

Shopifyに関するご相談があれば、お気軽にrefactoryへお問い合わせください。

関連記事

  • BLOG
    Mr.POINTにCSVのインポート・エクスポート機能を追加しました
  • BLOG
    Shopify Plusなしで実現するポイント共通化
  • BLOG
    開発者目線で見る、ShopifyとEC-CUBEの違い【タグ・メタフィールド編】
  • BLOG
    Shopifyからのデータエクスポート4種類とその使い分け